非常時に備えて

土嚢

目的に応じて

土のう袋は、工事現場や水害時によく見かけます。土のう袋には、砂を入れて使用するのが一般的ですが、目的に応じていくつかのタイプがあります。建設現場や川べりでの土木工事に使いたい場合は、素材に関わらず最も安い土のう袋で問題ないでしょう。砂をいっぱい入れると、20kgから25kgになる製品が最も多く使用されております。これくらいの重量であれば、人の手でも十分に運ぶことが出来るからです。災害対策用として土のう袋を使用したい場合は、耐久性に優れた製品を購入すると良いです。具体的に言いますと、土のう袋にUV剤が塗布されてるタイプです。通常、災害時に土のう袋を使用する場所は屋外です。屋外では、紫外線にさらされる時間が長いので、UV剤によって耐久性をアップさせる事が出来るのです。いろいろな場所で使う事を目的として、持ち運びしやすい土のう袋を求めてる人は、手さげ付きタイプが良いでしょう。このタイプでも、25kgまで入るタイプもありますが、10kg程度のタイプでも十分活躍すると思います。これらの土のう袋を簡単に購入したい場合は、ネット通販がお勧めです。ネット通販では、土のう袋のまとめ買いが出来ますし、最も安い商品を見つける事も可能です。通常は、1枚15円くらいから購入する事が出来ます。また、実際に土のう袋を使用した人のコメントを見つける事も出来ます。期待通りの耐久性であったのか、どの程度活躍したのか、詳細に把握する事が出来ます。

Copyright© 2018 スタンドはネット購入がおすすめ!【24時間注文を受け付けている】 All Rights Reserved.